迎え火を焚ました

  1. 交流
  2. 12 view

ご先祖や親父・お袋が早く帰って来たいと思い、お墓に迎えにいきました。自宅の数寄屋門前で藁束で迎え火を焚ました。仏壇も笹とほうずきで飾り付けし、お供え物を小芋の葉の上にあげました。ほうずきは、魔除けと明かりとして、小芋の葉は、器として明日から盆あけまで、料理をおきます。仏様は、キュウリの馬で
早く自宅に帰り、なすの牛でゆっくり帰るとされています。今年はゆったり出来るように、長いキュウリと長なすでつくりました。

関連記事

晩酌

今日は久しぶりに酒🍶で晩酌、獺祭大吟醸と、石川県~届けてもらったノドグロの笹付け、石川の友達の元気な声聞き安心しました。早く復旧して貰いたいです。私の次男も自衛隊ヘリで…

  • 7 view

1月20日

1月20日は朝恵比寿講です。昨年の10月20日に一年間働きから帰ってゆっくり正月は過ごした、恵比寿、大黒様が本日より働きに出かけます。夜が空ける前から、ごちそうを作り捧…

  • 7 view

みなみ

藤野名倉地区の方々がおこなっている、屋号や名前の設置に、私の家の屋号も作っていただきました。私の家の屋号は、みなみ、です。ありがとう😉👍️🎶…

  • 6 view

お雛様

我が家のお雛様🎎寒そうです。一年ぶりにお目見えしていただきました。…

  • 8 view