迎え火を焚ました

  1. 交流
  2. 10 view

ご先祖や親父・お袋が早く帰って来たいと思い、お墓に迎えにいきました。自宅の数寄屋門前で藁束で迎え火を焚ました。仏壇も笹とほうずきで飾り付けし、お供え物を小芋の葉の上にあげました。ほうずきは、魔除けと明かりとして、小芋の葉は、器として明日から盆あけまで、料理をおきます。仏様は、キュウリの馬で
早く自宅に帰り、なすの牛でゆっくり帰るとされています。今年はゆったり出来るように、長いキュウリと長なすでつくりました。

関連記事

24節季では大寒、そして朝恵比寿講

今日は、24節季では大寒、そして朝恵比寿講、10月20日日一年間働き帰って来た恵比寿大黒様が、働きに出かける日です。毎年我が家では、朝4時~山菜おこわにけんちん汁、尾頭…

  • 6 view

今朝は朝恵比寿講

今朝は、朝恵比寿講、我が家では、午前4時から働きに出かける、恵比寿、大黒様に朝食を供えます。赤飯、頭付き魚、けんちん汁、お茶を供えますが、神様は左利きとのことで、左善で…

  • 1 view

あまりに寒いので

あまりに寒いのでちょっと温かくするため、イノシン鍋、そこに藤野の親戚からふきのとうが届きました‼️早速天ぷらに。…

  • 4 view